s4 使用構築 最高最終2012 メガ枠の頼りなさ

はじめまして。らむと申します。

このたびorasからシングルレートをやっていて初めてレート2000を達成することができたので、記念に記事を書かせていただこうと思います。よろしくお願いします。


パソコンから書いた方がいいらしいんですが、パソコンがぽんこつすぎて固まって動いてくれなかったのでスマホから書いてます。見にくかったらすみません。


今回使用したパーティはこちらになります。

f:id:Ramupk_810:20170718102203p:plain


[構築経緯]

orasからなんだかんだで使っているメガギャラを活躍させたいと思い、このポケモン(相棒枠)を軸に考えた。やっぱりメガギャラ使うなら電気の一貫は切りたいよねーと思いカバルドン、待って?ギャラがメガ進化したらカバメガギャラに一貫する技多くない?と感じ、その一貫を割と多く切れそうなラティアス。おいおい誰がテテフ止めるんだよとギルガルドギャラガルドと相性が良いブルル、パーティ全体の低速を補うためのフェローチェとわりと適当に補完で埋めたことから出来上がりました。


[調整]

カバルドン@メンタルハーブ

性格 わんぱく

実数値 H215 A132 B182 C× D92 S72

地震・氷の牙・あくび・怠ける

バシャ、マンダ、ミミッキュを受ける駒。ステロは技スペ足りなかったので断念しましたが、欲しい場面も多かったので要検討。持ち物は、剣舞積んだミミッキュに後出しした際に、パーティ的に皮が剥がれてなければあくびしか押せないのですが、ちょっと前に挑発持ってるアタッカーミミッキュにボコボコにされて涙を流したのでメンタルハーブを持たせました。

なお、orasの時に育成した個体なので調整は不明です。


ラティアス@残飯

性格 臆病 

努力値 H172 C余り S220

実数値 H177 A× B110 C145 D150 S173

H…残飯回復効率高

S…準速メガマンダ抜き

ショック・10万・瞑想・身代わり

バシャレボルトへの牽制、vs受けルのメンツによってはそこそこいけるのではと思い採用。努力値が余ったので準速マンダ抜きまで振りましたが、どう頑張ってもマンダには勝てないので最速ウツロイド抜きまででいいと思います。カバギャラで重い水タイプ、また、ギャラの技構成的にカグヤに勝てるか怪しい、受けルのメガヤドランやエアールド意識でそこに打点を取れるように10万を採用しました。


ギャラドス@メガ石

性格 陽気

努力値 AS252 H4

実数値 H171 A177 B99 C× D120 S146

滝登り・氷の牙・地震・龍舞

弱い弱いと嘆きながらなぜか使い続けるパーティ唯一のメガ枠。龍舞しても、対面のポケモンにがんぷうをもらうと裏から出てくるメガバシャやミミッキュ等に上からしばかれるので、舞うタイミングやメガするタイミングに注意を払いました。基本的には威嚇巻き、終盤で舞ったあとの全抜きとして運用しました。2ウェポンにして挑発を入れたギャラドスも試したのですが、慣れとは怖いもので地震を切った型にしたとたん全く選出しなくなったので、わたしは3ウェポンの技範囲取る派です。


ギルガルド@ゴーストZ

性格 いじっぱり

努力値 H236 A236 D4 S28

実数値 H165 A110 B170 C× D171 S84

シャドクロ・聖剣・影うち・剣舞

メガギャラの相性補完枠。型はわたしが考えたわけではなく、いろんなギルガルド入りの構築記事を参考にしつつ、この型に行きつきました。耐性を活かして後出ししていき、そこから剣舞積むなりZ技ぶっ放すなりしてるだけで強かったです。ただ終盤はテテフが襷持ちばかりでよく後出ししては返り討ちにあっていました。キンシ欲しい…。


カプ・ブルル@突撃チョッキ

性格 いじっぱり

努力値 H236 A余り S52

実数値 H175 A195 B130 C× D115 S102

ウドハン・ウッドホーン・がんぷう・馬鹿力

H…天候ダメ最小

A…できるだけぶっぱ

S…がんぷう1回で準速100速抜き

メガギャラがどうあがいても勝てないカプ・レヒレへの引き先として少しでも安定させるためにチョッキを持たせました。潜った感じ、メガギャラドスの最大の弊害となる水タイプはレヒレ>スイクンアシレーヌ>マリルリの順の多さかなと思ったのでとりあえずはブルル引きが安定しました。また、フィールドを利用してガルドの補佐ができ、無理やりガルドで剣舞を積む場面もあり、補完に優れていると感じました。初手ミミッキュと対面した場合、かなりの確率でミミッキュは剣舞積んでくるので気合いでがんぷうを当ててもらいます。外したら負けです。


フェローチェ@格闘Z

性格 やんちゃ

努力値 AS252 H4

実数値 H147 A207 B57 C157 D51 S203

膝・とんぼ帰り・どくづき・冷凍b

最後に入ってきた枠。ここまでパーティ全体でSが遅いメンツが多く、グライを始めとした低速を苛めるポケモンが辛かったので、上から冷凍bしてやろうと重い採用。ほかにも着々と数を増やしつつあるメガガルーラにも打点が取れるのもgood!!ナットレイテッカグヤなどの、膝を打たないと削れないけど守るとの択が発生するポケモンを相手にするのが辛かったので格闘Zを持たせました。このポケモンを入れてレートしたのが2日しかないだけあって、格闘Z打ったの2回しかないのでなんとも言えません。



[選出]

vsガルクレセ

→ギャラ+ガルド+@1

vsグロスランドレヒレ

→ブルル+ガルド+@1

vs受けル

ガルド+ラティアス、ギャラ、フェローチェから2匹

vsマンダ軸

→マンダマンムーのような構築にはメガギャラが刺さる印象。構築によってはメガギャラの弊害がレヒレだけのマンダ軸もあるのでその場合はメガギャラを通す立ち回りを考える。カミツルギはキツイ。


注).けっしてこの選出が正しいということはありません。わたしがこの選出をしてた時が多かったというだけです。


[最後に]

シーズン最終日にアルバイトから帰ってきてDSを開いたのが深夜1時だったので、正直半分諦めモードのなかレートをしていたのですが、マッチング運もあり、無敗で1920→2000チャレンジ(1987)まであげることができ、もしかしたら初の2000いけるかもしれないと必死こいてレートに潜ってました。そのあと連敗はしましたが、自身初のレート2000を達成できたことはとても嬉しく思います。s5では今以上のレートを残せるように頑張りたいです。

以上読んでいただきありがとうございました。

f:id:Ramupk_810:20170718180459p:plain


f:id:Ramupk_810:20170718180720p:plain